コトラプレス (kotorapress)|株式会社コトラ

ビジネスパーソンのインテリジェンス情報サイト

会計事務所系財務コンサルからM&Aや事業再生に強みを持つ経営コンサルティングファームへ 【転職体験記】

 

前職でのある程度の達成感と、新卒の頃からずっと思い描いていた「プロのコンサルタントとしてクライアントに貢献したい」という思いが強くなり、今回の転職を考える強い動機となっていました。

◇◇◇◇◇

私は新卒で都市銀行に入行し、営業店での法人・個人の営業を経験、その後外資系銀行で富裕層を中心とするリテール業務を経験しました。

そして会計事務所系の財務コンサルティング会社に転職し、中小企業の財務戦略、主に資金調達の面からの経営支援に従事してきました。企業の資金マネジメントにフォーカスし、投資案件の精査やあるべき調達形態を吟味、その実行支援に至るまで、トータルでサポートしていく業務です。

私は金融機関の出身ということもあり、銀行等との利害調整役を任されることが多く、緊張感を感じながらも、やりがいと達成感を得ることができました。

しかし、中小企業の財務戦略は打ち手が限られていること、最終的には経営力の向上が必須であることも同時に感じ始めており、より本質的なコンサルティングを提供できる能力を身につけたいと思うようになっていました。また、金融機関との案件組成についても、今までの経験をベースに、スケール、レベル感ともに、よりやりがいのあるフィールドを意識し始めていました。

そんな中、コトラさんと出会い、自身の経験・特性・希望などを深く理解して頂き、非常に有益な情報を提供していただくことが出来ました。

打合せを進めていく中で、自分のイメージがより鮮明になっていくと同時に、実際に応募する企業も自然と絞られていく実感がありました。特に、企業の現状をリアルタイムに把握されており、今どんな人材が求められているのか、今後、どんな方向に向かっていくのか等、外部からは到底知りえない貴重な情報を共有できたことが非常に有益だと感じています。

image161転職市場の全体感もそうですが、自分の現状を一緒に棚卸しし、そこから具体的な先に落とし込んでいけたことで、とても納得感のある方向性を見出せたと思っています。実際の面接に際しても、打合せ段階でのフィット感が高かったこともあり、自然体に近い状態で臨めました。面接自体もとてもスムーズに進んだと思っています。

成果として、今後は経営コンサルティング、M&A、事業再生などの経営課題を解決していくコンサルティング会社で働くことが決まりました。具体的には、金融機関からのコンサルティング案件の取得を目的とした、金融法人営業の職務に従事することになります。

まずは思い切って相談し、親身に話を聞いて頂けたことで、自分の転職活動が大きく開けた実感があります。コトラさんに自分の特性や希望を専門家目線で捉えて頂き、且つスピーディーに対応して頂けたことで、今回の転職活動の成功が実現したと思っています。有難う御座いました。

Profile30代、男性、有名私立大学卒
前職会計事務所系財務コンサルティングファーム
現職M&Aや事業再生に強みを持つ経営コンサルティングファーム

2012年11月13日

おすすめ記事

1
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)について

コーポレートガバナンス・コード 2014年6月にとりまとめられた「『日本再興戦略 ...

2
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準について

独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準 2014年6月にと ...

3
これまでの社外取締役/社外監査役の属性・兼任等の状況と、今後の 独立社外取締役(東証ベース)の選任についての調査・考察

株式会社コトラによる社外役員実態報告について 人材ソリューションカンパニーの株式 ...

4
職場の同僚と理解し合えないのは性格の不一致~人間関係に現れる価値観のちがい 組織理解vs他者理解~

 職場の人間関係におけるアプローチについて、価値観の多様性から考えてみます。 相 ...

5
バブル体験の有無が価値観の差~70年代生まれと80年代生まれの価値観にみる世代ギャップ~

上司が、部下に的確に仕事をしてもらうために知っておくべきこと 「今の若いものは、 ...

 - コンサル/IT業界, 転職体験記