コトラプレス (kotorapress)|株式会社コトラ

ビジネスパーソンのインテリジェンス情報サイト

ビジネスパーソンにとっての誠実性~あなたの会社、コンプライアンスが心配です!~

 

役職が高い社員ほど「誠実性」が低い理由とは


KOTORA25(コトラ25)の価値観の項目の一つに「誠実性」があります。誠実性とは、「たとえ自分に不都合や不利益を生じることになっても、倫理、規則などにてらし、適正な行動を取る」ことです。コンプライアンスにも強く関わる価値観です。

image14たとえば、大口取引先の担当者から法外なキックバックを要求され、その要求をのまないと取引を切ると言われた。社内のルールではキックバックはしてはいけないことになっている。そのルールと自身の倫理観に基づき、取引先にはっきりNOと伝えた。

このような行動が「誠実性」です。

一般に会社は、倫理にてらし、ルールを守れと社員に教えますので、高い役職者ほどその模範になるべきと考えられます。

しかしながら、この誠実性という価値観は、高い役職者ほど低くなることが分かっています。

なぜでしょうか。

それは、高い役職の仕事ほど、責任の範囲や周囲への影響範囲が広がるため、状況に応じた複雑な判断を求められることが多くなるからです。「あるべき論」だけで仕事ができないと信じる傾向が高くなります。

whitewater-rafting-race-618753_1280-1024x685前述の例であれば、大口取引先からの受注を逃せば、会社の経営が傾くかもしれない、大事な部下たちを路頭に迷わせるかもしれない、そんな思いで不当ともいえる要求をのんでしまう人もいるでしょう。

もう少し局所的で短期的なこと、たとえばこれを逃すと今月の目標が達成できない、などのことが頭をよぎる人もいるでしょう。

このように、ほかに大事にすべきことがあるとの判断で、誠実性の優先順位が下がり、その場その場をしのぐような行動を選択することもあります。

コンプライアンスが大事だという共通認識のある現代。コンプライアンスを欠いた判断が致命傷になることもありますので十分に気をつけたいものです。

でももしKOTORA25(コトラ25)でのサーベイで、あなたの「誠実性」の優先順位が低くてもがっかりしないでください。当然のことすぎて無意識になっている場合には低く出ます。また、実際の行動として「誠実性」が高い水準であっても、臨機応変さを重視したいと考えている場合にも低く出ます。

あなたの仕事の価値観をKOTORA25(コトラ25)で再発見してみましょう! www.kotora.jp/kotora25/

[文責:株式会社コトラ シニアアドバイザー 森健]

おすすめ記事

1
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)について

コーポレートガバナンス・コード 2014年6月にとりまとめられた「『日本再興戦略 ...

2
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準について

独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準 2014年6月にと ...

3
これまでの社外取締役/社外監査役の属性・兼任等の状況と、今後の 独立社外取締役(東証ベース)の選任についての調査・考察

株式会社コトラによる社外役員実態報告について 人材ソリューションカンパニーの株式 ...

4
職場の同僚と理解し合えないのは性格の不一致~人間関係に現れる価値観のちがい 組織理解vs他者理解~

 職場の人間関係におけるアプローチについて、価値観の多様性から考えてみます。 相 ...

5
バブル体験の有無が価値観の差~70年代生まれと80年代生まれの価値観にみる世代ギャップ~

上司が、部下に的確に仕事をしてもらうために知っておくべきこと 「今の若いものは、 ...

 - 仕事の価値観