コトラプレス (kotorapress)|株式会社コトラ

ビジネスパーソンのインテリジェンス情報サイト

銀行での融資経験を活かして、FASでの事業再生業務へ 【転職体験記】

 

■経緯
「事業をより良くする、自らの力で付加価値を創れる仕事をしたい」
転職の動機はこの一点に尽きます。私は地銀出身ですが、短期間ながら中小企業の経営コンサルティングや証券会社での株のアナリストの実務経験があり、転職直前まではトレーダー業務にも従事していました。こうした経験を基に、今より自分を活かせる、やり甲斐を感じられる職場を探していました。

■転職活動
はじめは大手のサイトに登録して求人を眺めている程度でしたが、目に留まった求人の仲介をしていたのがコトラさんで、連絡を取りました。私は東京から離れた、且つ平日に休みを取りにくい職場にいたため、応募先は「通れば必ず行く」と言い切れる二社に絞りました。

片方は強い個性を持ったプライベート・エクイティ・ファンドで、こちらはご縁がありませんでしたが、もう一方の外資系の大手ファイナンシャル・アドバイザリー・サービスからはオファーを頂くことができました。

■現在
私は事業再生部門の採用ですが、現在は金融機関に対して新たな投資スキームを作るお手伝いをしています。その前のプロジェクトはM&A案件に絡んだ資産評価でした。

イメージしていた仕事以外にも多種多様なプロジェクトに関わらせてもらえており、日々、成長を実感できています。
連日の深夜残業・徹夜もありますが、自分が考え練ったアイディアや行為が、チームやクライアントによって真正面から評価される、やり甲斐のある職場風土だと思っています。

image111■コトラについて
業界についての知識をほとんど持たず、新卒の頃のイメージのままコンサルタントに志望をお話ししたのですが、抱いていたイメージはことごとく訂正されてしまいました(笑) ただ、志望動機を丁寧に汲み取っていただくことができ、それを踏まえた上で企業を紹介していただきました。

コンサルタントには応募先の表面的な情報のみならず、企業側のニーズを丁寧に解説していただき、私のキャラを踏まえたアドバイスまでいただきました。
特にありがたかったのは、応募先と交渉して2回の面接を一日にまとめてもらえたことです。遠方から面接に行かねばならない身としては、とても助かりましたし、励みにさえなりました。

■転職を希望する皆様へ
明確な意志とイメージを持って目指してほしいと思っています。

私は前職では、外部研修のための長期休暇、大手証券会社への出向、専門部署への配属など、かなり優遇してもらった立場でした。ですが、「会社への義理を捨ててでもやりたい仕事がある」という思いがあったからこそ、行動に移せましたし、面接でも正直に意欲を伝えることができたと考えています。
強い意志を持った皆様の成功を心より祈願しています。

Profile20代、男性、有名私立大学卒
前職銀行での融資業務、のちに外為トレーディング業務
現職FAS(財務アドバイザリー)での事業再生業務

2013年12月09日

おすすめ記事

1
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)について

コーポレートガバナンス・コード 2014年6月にとりまとめられた「『日本再興戦略 ...

2
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準について

独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準 2014年6月にと ...

3
これまでの社外取締役/社外監査役の属性・兼任等の状況と、今後の 独立社外取締役(東証ベース)の選任についての調査・考察

株式会社コトラによる社外役員実態報告について 人材ソリューションカンパニーの株式 ...

4
職場の同僚と理解し合えないのは性格の不一致~人間関係に現れる価値観のちがい 組織理解vs他者理解~

 職場の人間関係におけるアプローチについて、価値観の多様性から考えてみます。 相 ...

5
バブル体験の有無が価値観の差~70年代生まれと80年代生まれの価値観にみる世代ギャップ~

上司が、部下に的確に仕事をしてもらうために知っておくべきこと 「今の若いものは、 ...

 - コンサル/IT業界, 転職体験記, 金融業界