コトラプレス (kotorapress)|株式会社コトラ

ビジネスパーソンのインテリジェンス情報サイト

激変する環境下では、仲良し人脈ではなく戦略人脈が大切!~ネットワークは営業ではなく事業改革~

 

  ネットワーキングは、営業ではなく事業改革の価値


ビジネスパーソンの方々は、賀詞交換会、業界パーティ、社外セミナーなど社外との交流の場に参加される機会も多いであろう。あなたはそのような場所に参加することが好きですか? それとも、できれば行きたくないタイプですか?

image3 社交的にいろいろな社外活動に参加し、見聞をひろめ、人脈を作り、ビジネスのコラボレーションへのつなげてゆくべきだ、と理屈ではわかっていても、技術職や事務職なので「自分がネットワーキングをやらなくてもいいのでは?」などと自己弁護していませんか?

ここに、ネットワーキングを大事にする人たちに関するKOTORA25(コトラ25)の分析があります。かれらは、「顧客指向」、「戦略思考」、「チームリーダーシップ」も大事に考えます。すなわち、「お客様満足が第一、戦略的に作戦をたて、営業部隊を率いてゆく」。そのために常々ネットワーキング=人脈作りに力を入れるというわけです。一方で、「誠実性」、「柔軟性」などは低く、自分の信念は曲げないし、約束を守ることよりお客様にとってどうあるべきかを優先します。まさに、営業部長や営業出身の役員にぴったりに見えます。このように、ネットワーキングを大事にする人は、主に営業領域に重点を置いて深堀人脈をつくり活動しているといえます。

しかし、営業のためだけがネットワーキングではありません。あなたが営業担当で、いつも同じ取引先にコンタクトを保つだけであればそれでいいのですが、それではイノベーティブな新規事業や新規顧客の獲得などはできないのです。

image2あなたの人脈が、仲間のCEOやCxOの方々だとしても、いつも話しやすい人とネットワーキングを深めているだけではないですか? いつも同じメンバーでゴルフをやることがネットワーキングではありません。また、無数の名刺を持っていて、「俺は(私は)みんなと連絡が取れるよ」といっても有効な人脈とは言えません。

環境変化は、あらゆる場所と時間で起きています。新たなビジネスコラボレーションを獲得し事業改革をするには、常にあたらしい人脈を開拓し、広げてゆくことが第一歩です。だから、あなたには意図的な人脈構築が必要です。多様性を受け入れ、新しい人的刺激を戦略的に作る意識をネットワーキング価値観に盛り込みましょう。新しいアイデアがインスパイア(触発)されるはずです。

あなたの仕事の価値観をKOTORA25(コトラ25)で再発見してみましょう! www.kotora.jp/kotora25/

[文責:株式会社コトラ シニアアドバイザー 森健]

おすすめ記事

1
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)について

コーポレートガバナンス・コード 2014年6月にとりまとめられた「『日本再興戦略 ...

2
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準について

独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準 2014年6月にと ...

3
これまでの社外取締役/社外監査役の属性・兼任等の状況と、今後の 独立社外取締役(東証ベース)の選任についての調査・考察

株式会社コトラによる社外役員実態報告について 人材ソリューションカンパニーの株式 ...

4
職場の同僚と理解し合えないのは性格の不一致~人間関係に現れる価値観のちがい 組織理解vs他者理解~

 職場の人間関係におけるアプローチについて、価値観の多様性から考えてみます。 相 ...

5
バブル体験の有無が価値観の差~70年代生まれと80年代生まれの価値観にみる世代ギャップ~

上司が、部下に的確に仕事をしてもらうために知っておくべきこと 「今の若いものは、 ...

 - 仕事の価値観