コトラプレス (kotorapress)|株式会社コトラ

ビジネスパーソンのインテリジェンス情報サイト

転職時がチャンスです!学歴や資格だけでなく培った専門知識とスキルで勝負しよう!

 

ドラッカーに学ぶ、成果を上げるための価値観~働くことの意味が変わった

30代Aさん、弁護士としての仕事にやりがいを感じつつも、もっと法務を活用してM&A案件に携わりたいと考えていた。アドバイザーではなく、プロジェクトの中心になることで得られる専門知識が必要だと痛感しての決断だ。hammer-620008_1280

20代Bさん、外資系コンサルティング会社でコンサルタントとして海外案件に多岐に渡って関わっていた。しかし、プロジェクトの中で専門性に特化して働きたい、またそのトレーニングや経験を積みたいと考え、転職を決意する。

40代Cさん、監査法人を経て企業の再生に取り組んできたが、自身の成長を目指して新たな挑戦を志す。30代後半からの転職活動は不安以外の何もない中で、人生をより豊かにするための試練と捉え、大型案件に関わる大手への転職を成功させる。

年齢もキャリアも異なる3人のケースを見て、共通するのは、転職をもってキャリアアップを考え始めたその時こそ、自らのスキルと専門知識を見直すきっかけとなるということだ。

training-469591_128020代後半から40代での転職を成功させるのは、学歴や社歴ではなく、自ら培ってきた専門知識とその専門知識をさらに高めようとする意識だ。

ここでいう専門知識は、資格にこだわる必要はなく、むしろ自分ならではの職務経験が重要であり、成功事例よりも、失敗を成功に生かした経験こそ宝となって活用され得る。

また、このように複数の専門知識を持ったビジネスパーソンが、それぞれの専門知識とスキルと尊敬を持ち合えばチームとして会社として最強になれる。

あなたの仕事の価値観をKOTORA25(コトラ25)で再発見してみましょう! www.kotora.jp/kotora25/

[文責:株式会社コトラ 内田朋子]

おすすめ記事

1
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)について

コーポレートガバナンス・コード 2014年6月にとりまとめられた「『日本再興戦略 ...

2
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準について

独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準 2014年6月にと ...

3
これまでの社外取締役/社外監査役の属性・兼任等の状況と、今後の 独立社外取締役(東証ベース)の選任についての調査・考察

株式会社コトラによる社外役員実態報告について 人材ソリューションカンパニーの株式 ...

4
職場の同僚と理解し合えないのは性格の不一致~人間関係に現れる価値観のちがい 組織理解vs他者理解~

 職場の人間関係におけるアプローチについて、価値観の多様性から考えてみます。 相 ...

5
バブル体験の有無が価値観の差~70年代生まれと80年代生まれの価値観にみる世代ギャップ~

上司が、部下に的確に仕事をしてもらうために知っておくべきこと 「今の若いものは、 ...

 - 仕事の価値観