コトラプレス (kotorapress)|株式会社コトラ

ビジネスパーソンのインテリジェンス情報サイト

新入社員と上司~お互いを尊重し、わかり合える人間関係を築こう~

 

 同じ会社のメンバーという共通点を忘れずに、新人フォローもチャンスと捉えてみて下さい!


会議の終わりに、メンバーそれぞれの仕事の割り振りと期日が決まる。
「分からないことがあれば早めに質問をして」との上司からの声掛けに「はい、分かりました」と答える新人。順調に作業が進められているのかと思いきや、期日直前になって「資料の作り方が分かりません」と相談してくる。もっと早く相談してくれればと思う言葉を抑えて、徹夜の指導に当たる。

office-336368_1280日々、多くの業務や収益を課せられている上司からしてみれば、新入社員であろうと、即戦力になってチームや会社に貢献してほしいと考えるのが本音である。しかし、学生時代の勉強や体験だけですぐに実務で役に立つことは実際には難しい。

上司の立場からすれば、複数の業務や案件を同時並行的に処理しなければならないことに加えて、案件によっては顧客からの要求は高く、常に市況の変化や柔軟な対応を、限られたタイムフレームで求められる。そのような日常の中で、自らの業務への影響を懸念しつつ、新人フォローを行っているのだ。

新入社員としては、業務を教えてもらうことを当たり前だと思っている態度や、上司の貴重な時間を使っているという意識の欠如は社会人としてまず気を付けなければならない。

反対に、新入社員にとって辛いのは、上司が忙しいからと言って、業務の内容を詳しく伝えて貰えなかったり、あいまいな指示を出されたりすることではないだろうか。疑問点を質問しようにも、ぞんざいな態度で返されたり後回しにされると、自ら業務を習得していく気持ちがあっても、成果は出せないし、そもそもの方向性から大きく間違ってしまう場合もある。

上司のチームマネジメントの観点からは、お互いの時間を無駄にしないためにも、情報の共有や疑問を解決できるオープンな環境が大切だ。
magnolia-trees-556718_1280世代間の違いや育ってきた学習環境の違いを心配したり、お互いがうまくいかない理由にするのではなく、時代の違いはあっても、その会社や職種に魅力を感じ、更に成長しようとして入社した点はお互いに共通しているということを忘れずにありたい。

上司にとっては、自分の他者理解、指示命令、コーチングというような仕事の価値観を知っておくこと。新入社員にとっては、自分が他者理解、柔軟性、誠実性などを どのように意識しているのか、理解しておきたい。(仕事の価値観については、KOTORA25(コトラ25)を参照ください。)

新入社員と上司の関係に限らず、チームや組織を組んで社会活動をする際に必要なのは、お互いを尊重・尊敬し合う関係ではないだろうか。縁あって同じ会社で、同じチームで、ひとつの業務に共に携われることをチャンスと捉えることから始めてみてはどうだろうか。価値観の共有に近づくヒントを見つければ、お互いの成長に一歩つながるはずだ。

あなたの仕事の価値観をKOTORA25(コトラ25)で再発見してみましょう! www.kotora.jp/kotora25/

[文責:株式会社コトラ 内田朋子]

おすすめ記事

1
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)について

コーポレートガバナンス・コード 2014年6月にとりまとめられた「『日本再興戦略 ...

2
独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準について

独立社外取締役(コーポレートガバナンス・コード)の独立性基準 2014年6月にと ...

3
これまでの社外取締役/社外監査役の属性・兼任等の状況と、今後の 独立社外取締役(東証ベース)の選任についての調査・考察

株式会社コトラによる社外役員実態報告について 人材ソリューションカンパニーの株式 ...

4
職場の同僚と理解し合えないのは性格の不一致~人間関係に現れる価値観のちがい 組織理解vs他者理解~

 職場の人間関係におけるアプローチについて、価値観の多様性から考えてみます。 相 ...

5
バブル体験の有無が価値観の差~70年代生まれと80年代生まれの価値観にみる世代ギャップ~

上司が、部下に的確に仕事をしてもらうために知っておくべきこと 「今の若いものは、 ...

 - 仕事の価値観